[Chautari night ] 2011/1/7 Kathmandu

    明けましておめでとうございます。今年も、内田パパに逐次コンサート情報をアップして頂きますので、楽しみにしてくださいね。
   さて、新年はネパール・カトマンズでのパンチャラマ・デビュー25周年の記念コンサートのため、チョウタリメンバーの6人がネパール入りしました。
   今回は、ギタ-、マンドリンの河西さんが参加できなかったのですが、寺門さん、加藤実さんが参加して、伊藤さん、竹田さん
   パンチャさんサラバンさんの6人編成のメンバーでのチョウタリナイト”・・・・素敵でしたよ〜。

   カトマンズの町中にあるSanskritik  Ssnsthanという700人収容の大きなホールは、開演前から続々と観客が訪れ、コンサートは超満員のスタート!

   スモークマシンの中に、カラフルなライト!本当に豪華なステージに立ったチョウタリバンドは、さすがネパールを代表するミュージシャン!
   神々しく、ベテランの雰囲気を漂わせ美しくも迫力ある音を会場中に響かせていました。
   このコンサートは、テレビでネパール国中に放映され、ネットを使い世界中に発信されましたので大反響をよび、

   パンチャさんの所へは、早速アメリカ在住の友人の方から絶賛の連絡がはいっていたようでした。

   コンサート終了後、皆さんが押し掛け、写真撮影、サイン握手と・・・大変な騒ぎでした。
   パンチャさんのドキュメンタリーでスタートしたコンサートは、はじめから観衆を大感動の渦に巻き込み、曲が終わる毎に大歓声がわきました。

   皆さんに、音を聴かせてあげられないのが残念!・・今回のコンサートは、監督のイメージで制作された大きな垂れ幕の様に、

   ネパールに(朝日に象徴される様に)平和の朝日が昇るごとく、パンチャさんの音楽でネパールにも新しい平和の風が吹き込んだ様に感じました。
   今年も、皆さんの温かい応援宜しくお願いいたします。.Akiko
inserted by FC2 system